ヘッダ

ふるさとの祭りや芸能のビデオトークライブ【郷土芸能STREAMビデオライブ】 奇数月第2水曜日19時より、選りすぐりの郷土芸能の映像を上映しながらトークを繰り広げるイベントを開催しています。
実際に東京六本木の会場での参加も可能です。
アーカイブ配信もしています。ぜひご視聴ください!


ビデオライブ 


次回ライブ 2017年11月8日(水) 

第040回郷土芸能ストリーム

ポーラ伝統文化振興財団 

学芸研究員が語る財団の歩みと

自身の研究事例 

かくれキリシタン信仰/映画「鬼来迎」など


                                                   (2017.8.21更新)

【ネット番組予定表】
郷土芸能STREAMビデオライブ 奇数月第2水曜日19時~21時



【次回ビデオライブ】


**************転載歓迎****************

040回 郷土芸能ストリームビデオライブ

ポーラ伝統文化振興財団 学芸研究員が語る

財団の歩みと自身の研究事例 

かくれキリシタン信仰/映画「鬼来迎」など




ポーラ伝統文化振興財団は、「本当の美しさは、内面の美や心の豊かさを伴ってこそ初めて実現する」という創業者の想いの下、豊かな社会と文化の向上に寄与すべく、ポーラ創業の50周年(1979年)を機に設立されました。以来、無形の伝統文化財を対象に、その保存・伝承・振興を行っております。 



●公益財団法人 ポーラ伝統文化振興財団 
伝統文化記録映画
http://www.polaculture.or.jp/movie/



今回の郷土芸能ストリームでは、財団活動紹介の他、かくれキリシタン信仰について研究をされているプレゼンターが、なぜこの財団に入ったのか、自身の研究事例を挙げながら「無形の伝統文化」をキーワードに語ります。
伝統文化記録映画「鬼来迎」のショートバージョンの上映も予定。
深まる秋を感じながら、皆さんと一緒に、伝統文化について考えるお時間を頂けたらと思います。



■プレゼンター:

小泉 優莉菜

歴史民俗資料学博士。2017年、日本科学協会(日本財団)より笹川科学研究奨励賞受賞。ヴェネツィア大学にて、江戸時代の潜伏下の宣教師によって、西洋に送られた文書研究をおこない、帰国後学位論文提出。現在、公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団学芸研究員


■日時:
 平成29年11月8日(水)1900~21:00 
 関連映像上映&トーク


■会場:(公社)全日本郷土芸能協会事務所 
(東京都港区六本木4-3-6 三河台ハイツ206























■参加方法(限定20名)
事前予約制、定員になり次第締切

参加申込み(以下2つのいずれかよりお申込み)

メールフォーム にて申込み(左記クリックしてお申込み) 
※このところメールフォームの不具合で、申込メールの不着がみられます。ご迷惑をおかけし申し訳ありません。
フォーム送信後2日経過しても事務局から連絡がない場合は、恐縮ですが、以下、mare.no.kai.2012@gmail.com までご一報ください。



→メールにて申込み

メールの件名:「郷土芸能ストリーム申込み」
以下、ご明記ください。
①お名前
②メールアドレス
③お電話番号
④〒、ご住所
⑤所属団体名(あれば)
⑥興味がある郷土芸能・分野(芸能以外でも可)
⑦全郷芸会員か一般参加者か


※必ず事前にご予約の上、ご来場ください
※当協会からの返信をもってご予約確定となります
Facebookイベントページでの参加表明は、正式申込ではありません。


■参加費: (当日支払) 
 全郷芸会員参加:¥500
 一般参加   :¥1,000



■主催:(公社)全日本郷土芸能協会
           Tel.03-6434-9434  Fax.03-6434-9435 メール. info@jfpaa.jp